09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.08.17 (Sun)

G1 決勝戦 中邑vsオカダ と 興行見に行って思った事

今、TVにて中邑vsオカダの決勝戦を見てます

いやはやいい試合でしたわ、最後レインメーカー3連発とかアナウンサー言ってるけど
2発はラリアットやからな、回さない技をレインメーカーと同じに言うなやと正直思ったり
まあいいっちゃいいけどなんかやだw
後ジョンウーしたのにはちょいびびった

ある程度の時間動けるって大事、相手の技をしっかり受けるこれも大事
相手を信頼して技を受けない事にはプロレスにはなりませんからなあと思う
流石新日本と思う試合でした
練習って大事だなあと受身、スタミナ、基礎の動き、プロレスのイロハ
ほんと大事だと思いますわ

現在どれだけの団体がドームを埋めれるのか
どれだけの団体がこの箱のサイズまで埋めれてお客さんを次見たいと思わせれるのか
そう言う意味でLvが違うんだよと外道選手が言われるわけですが
ほんとこれに尽きる気がしてきた

内藤vs本間って試合もTVで見せてくれるとは・・・本間ようここまで
感涙
ちょっと動きの悪い所もありましたが正直ちゃんと全部見てみたかったなあ
G1の決勝である西武ドーム戦くらい1時間とか2時間で流して欲しいなあと本気で思う



同じ日に他の会場で興行を見ていたわけですがなんつーかLv低いというかなんと言うか
こんなんで6,000円~4,000円の金額払わされるうちら・・・
興行を打つ際に自分の所の選手、そしてきてもらう選手のLvとか色々あると
思いますが本気で考えないとダメだと思う

金を貰っているわけですからちゃんとしないと満足して帰ってもらわないとダメってこと
今回3人で行きましたが正直私以外の2人は次は無いと思います
私は運よく関東に来た際にやっていれば見に行く可能性はある
しかし一見さんは今回のような試合をしてたら次はない
一見さんじゃなくてもプロレスを見てきてた人でインディならこの程度で妥協できれば
いいですが、そう言う人だけじゃないってこと

相手との信頼関係や相手のレベルとか進行の流れやメインテーマとか興行の順番とか
色々な意味あいでLvの低い興行を見たなあとw

今回4000円(当日だと4500円)正直にこういうことは言います
団体はこの金額に見合うだけの試合をしないといけないと思います
2人いれば8000円(9000円)、3人だと12,000円(13,500円)
なんのかんの使えば15,000円位は使うわけですよあーた
これなら美味い物を食いに行った方がハッピーエンドですよ
ボクシング、相撲、映画、歌舞伎やコンサートとか色々ありますけど
プロレス団体はもうちょい見に来てくださるお客さんの事も考えないといけないと思う

お遊戯や練習レベルの試合を見せるな、相手の動きがわからないなら
数日前から集まってスパーしろと、段取りしろと
PVだって大事なわけで試合が終わってからこの選手はこうでしたとか
若手と上の選手との世代交代の話を急にされてもポカンって感じです
あおりPVを作れ、試合前にマイク使えとか色々考える所がありました


3ウェイで5分弱で終わるとかなんだよw
セミでお笑いプロレスをして客そっちのけな試合とかなんだよ
メインで5分で動けなくなる挑戦者ってなんだよ

ほんとこう言う状態だとプロレスはどんどんカルトな位置になっていくと思います


あ、ガチってしまった、もうしわけない
そんで話をもどしますが
ちょっと中邑選手の入場を見ていましてポージングのカッとポージングする動きとか見ていて
レッスルエンジェルス・サバイバーのミシェール滝選手を連想してしまった私がいました
入場衣装とか間の取り方とか話の個性というか

クネクネしてる所は流石に滝選手にはなさそうなんですがそれでもやはり滝選手
個性としての選手と観ればしゃべり、動きとか滝選手っぽいかなあとなんとなく思ったわけで
次にファイプロで滝選手を作る際は下の動きを中邑選手にしてもいいかなーと思ったりしています



スポンサーサイト
05:11  |  雑談とか  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://taosakuran.blog10.fc2.com/tb.php/309-caff5ef6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |